FC2ブログ

かぁ~ちゃんの徒然日記

*2011年3月8日男の子のママになる。*日常・育児日記*                   dōTERRAのアロマオイルのご紹介もしてます(o^∇^o)ノ

Archive [2011年02月24日 ] 記事一覧

妊娠33週6日(9ヶ月)深夜の点滴

なんだかんだ、入院してから早、21日が経っていました。
点滴を始めたのが2月5日からなので、点滴針を刺して20日になります。
あの長い針に慣れない。貧血起こしそう・・・いや、慣れる人なんていないか!

20日間に、左腕に6ヵ所。右腕に1ヵ所。計7ヵ所、刺し直している。
左腕の血管は細いらしく、1日で血が固まってしまい、1日で刺し替えることもある。
右腕は1週間もって(感染症の恐れがあるので、必然的に1週間で針交換)看護士さんに驚かれた。「1週間もつんだぁ。珍しいですよ」と。

昨日・・・正確には日付をまたいでいたので、今日のAM1:00頃。点滴を管理する機械がピーピーとアラーム音をあげて、何かを訴えていた。

別に私が悪い訳じゃないけど、深夜に鳴り響くアラーム音に恐縮。

警告音は、閉塞(詰まり)
看護士さんが、血を溶かす薬(?)を点滴チューブに投与するが入らず。・・・嫌な予感(汗)
看護士さんが苦笑いしながら「刺し替えかなぁ~」

刺し替えだけは嫌だったので、私も必死に右腕の血が固まった時に、別の看護士さんが「駄目元ですが」と前置きして、処置してくれた方法を目の前の看護士さんに説明する。が、??????の表情で要領をへない。
「確認してきます」と言って立ち去った。
看護士さんがニッコリ笑って戻ってきて。
「出来ます」と。
「そりゃ~出来るさっ」と心の中で呟く。

血を見たくなかったので、仰向けになりタオルを目の上に置き、右腕で押さえる。
左腕側でガサゴソと処置をしてもらっていたが、「ちょっとお待ち下さい」と言って、部屋を出ていってしまった。
戻って来て、再度処置続行。
数分後「ゆきん子さん、ゆきん子さん」と、寝ている他の患者さんを気遣って、ささやく声で呼ばれたので、タオルを外して看護士さんを見ると、さっきと違う看護士さんが処置をしてくれていたようだ。
そのかたわらに、最初の看護士さんが立っている。
自分で処置しきれなくて、「ちょっとお待ち下さい」と言って、先輩看護士さんを助っ人に呼んで来た模様。
先輩看護士さんは、血の詰まったチューブを握りしめて、申し訳なさそうに「残念ですが刺し替えです」と言っている。
こちらこそ人員少ない夜中に、駄目元処置をお願いして申し訳ない。
後輩看護士さんは、私のお陰で初めての経験が出来ただろう。←なぜかエラソウ。

なんだかんだと腹を決め、深夜の刺し替え無事終了。
毎回、緊張で変な汗が出る。
手術まで、あと何回刺し替えするんだろう。恐怖。
スポンサーサイト



左サイドMenu

プロフィール

かぁ~ちゃん

Author:かぁ~ちゃん
埼玉県から
09.2月 上越市
10.10月 長岡市
12.1月 新潟市に転勤。
上中下越制覇!
14.4月 某県某市に転勤予定だったけど、放射能汚染が怖くて単身赴任を希望。
会社に単身赴任を認めてもらえず退社。
6月から再就職決定!
ありがたやぁ~!

とぉ~ちゃん
かぁ~ちゃん
愛心(あみ)
2008年9月4日 生後4日天国に帰る。
たけるん
2011年3月8日生まれ。

2013年8月29日 17週5日(5ヵ月)天国に帰る。
そんな家族の徒然日記。

40代の育児は体力的に辛い!
それでも母は毎日頑張ってますp(*^▽^*)q

★たけるん★

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最新記事

ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ

カウンター

右サイドメニュー