FC2ブログ

かぁ~ちゃんの徒然日記

*2011年3月8日男の子のママになる。*日常・育児日記*                   dōTERRAのアロマオイルのご紹介もしてます(o^∇^o)ノ

Archive [2011年02月22日 ] 記事一覧

妊娠33週4日(9ヶ月)たばこリスク

今朝、教授回診があった。
新人先生を引き連れて、それぞれの患者のベットを回り、その患者のデータを手にして話しを進めていく。

順々に回り、私のベットに来た。
教授「以前、早剥だった患者さんのリスクは?」と新人先生に聞いたら、新人先生は口ごもっている。
教授「喫煙と―」と言う言葉が出て来た。
その言葉が出た瞬間、教授と新人先生との、前後のやり取りが吹っ飛んだ。
そう、私には痛い言葉だ。

愛心を妊娠した時、どうしてもタバコが止められなかった。
普段10本吸っていたところ、3~5本まで減らしたが、結局止めることが出来なかった。
その時に知り合った、5人の子持ちのママさんが、すごいヘビースモーカーだったので、妊娠中の喫煙をどうしていたのか聞いたら
「1人目、2人目の時は止めたけど、他は半分に減らして吸ってた。やっぱり体重は最初の子より小さかったけど大丈夫」
この言葉を真に受けて、妊娠、出産を甘くみていたんだ。

今回の妊娠で受診した時、先生に「前回の早剥はなんでなったんだろう?仕事忙しかった?喫煙してた?」と聞かれて、自分でもビックリするくらいハッキリと嘘をついた。
「吸ってません」と。
何故、嘘をついたのか後から考えてみた。
私の中で、愛心が偶発的に死んだと言うよりは“私が殺した”と言う意識が強く
「喫煙してた?」と聞かれた時に、責められているような気がして、思わず嘘をついた気がする。

タバコを止めて、早剥になっていたら自分を責める事もなかった。
本当に止めれば良かった。
一生責め続けるだろう。
苦しむのは自業自得だから仕方ない。
1番可哀相なのは、生まれたかったのに元気に生まれてこられなかった、生きられなかった愛心だ。
心から、本当にごめんなさい。愛心。
スポンサーサイト



妊娠33週4日(9ヶ月)いろいろ妊婦

ここ周産期医療フロアーの妊婦さんは、色々なリスクを抱えている人が沢山いる。
出産のリスクはもちろん。色々な思いを抱えている人が沢山いるようだ。

共有スペースのソファーに、患者さんと、看護士さんが座って話していると思ったら、患者さんが泣いていて、看護士さんが慰めていたり。

夜、携帯電話利用可能なエリアに行ったら、1人の患者さんが、多分ご主人と話している様子。聞こうと思った訳じゃないけど、聞き漏れてくる会話から、どうも赤ちゃんがなかなか育たなく「せめて○○○gまで育てて生んであげたい」と泣いていたり。

血糖値が高くて、自分で注射を打っている人と話しをしたら、私と同じように、入院するつもりで受診したわけじゃないのに、即日入院になってしまい、実家でお留守番している、まだ2歳の娘さんが心配でせつない思いをしていたり。

抱えているものは、それぞれ違うけど、みんな色々な思いと向き合って戦ってるんだ。

左サイドMenu

プロフィール

かぁ~ちゃん

Author:かぁ~ちゃん
埼玉県から
09.2月 上越市
10.10月 長岡市
12.1月 新潟市に転勤。
上中下越制覇!
14.4月 某県某市に転勤予定だったけど、放射能汚染が怖くて単身赴任を希望。
会社に単身赴任を認めてもらえず退社。
6月から再就職決定!
ありがたやぁ~!

とぉ~ちゃん
かぁ~ちゃん
愛心(あみ)
2008年9月4日 生後4日天国に帰る。
たけるん
2011年3月8日生まれ。

2013年8月29日 17週5日(5ヵ月)天国に帰る。
そんな家族の徒然日記。

40代の育児は体力的に辛い!
それでも母は毎日頑張ってますp(*^▽^*)q

★たけるん★

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最新記事

ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ

カウンター

右サイドメニュー